FC2ブログ

植物メモ帳ブログ
ハオルチアをメインとした多肉植物の素人奮闘   尚コメントは(アダルトサイト等の書き込みを防ぐため)承認後に表示されますが、お気軽にどうぞ ^-^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

濃白銀ピクタ

 悩みに悩みぬいた末ハオルチアの屋上越冬は中断とする事にした。
 理由は屋上で越冬できるか不安を感じたのではなく、なかなか眺めることが出来ないので楽しくないからと言う理由。
 霜が降りる心配の無い明るい軒下での屋外越冬は中断せず(眺められる場所だから)
 一方メセンは屋上越冬をすることにする。これはメセンがかわいくないからではなくて、日照を確保できる場所がもうそこしか残っていないから。
 とりあえず植物を置く棚と、蛍光灯(補助光)を調達中。 

 本日の写真は葉焼けが進行中ではなく、強い光に適応し始めて徐々に緑になりつつある濃白銀ピクタ。
濃白銀ピクタ

 残念ながら明かりが足らず外側を徒長させてしまい、強い光で育成させる事とした物。見事に焼けていて、もっと大事にしなさいと怒られそうな感じな現状。だが、これから環境に適応して徐々に綺麗になるかと。

 徒長させたハオルチアを光が強過ぎる場所に移動させると言う事を結構やっているが、徒長してしまった葉が、強い光に慣れるのには結構な時間がかかる。一方中央の新芽の部分や、強い光の環境で生まれた葉は環境適応が早い。
 たいてい、徒長してしまったハオルチアは光が弱い場所に置かれているので、明り強めの場所に移動すると全身が焼け焦げてしまう(本来ならもっとじっくりと慣らすべきなのだろうが置き場所の都合で無理)。
 中央の部分も含めて、一時的に全体が焦げても1~2ヶ月で中央がこのように変化してくるなら適応の範囲内かと。 (たいてい中央から外側に向かってだんだん復活して行くので)
濃白銀ピクタ

 一方中央もずっとこのままなら光が強すぎか、そう言う固体と言うこと。というかその前に多分弱るはず。
 有る程度の手加減と、そして注意して見守り、弱ったと思ったらすぐに移動させないと枯らすはめになるので注意が必要。
 私の場合はもっと手加減が必要なのだが・・・

 最近やっとある程度明るい場所が確保されたので、数年後には綺麗なガッチリした固体に育てたいなぁー。
スポンサーサイト


  1. 2007/11/27(火) 21:50:47|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://plantmemo.blog94.fc2.com/tb.php/141-f80b2c59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。