FC2ブログ

植物メモ帳ブログ
ハオルチアをメインとした多肉植物の素人奮闘   尚コメントは(アダルトサイト等の書き込みを防ぐため)承認後に表示されますが、お気軽にどうぞ ^-^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パキラ

 今日は珍しく普通の観葉植物
 ハイドロカルチャーで1年半ほど育てたパキラが元気が無くなってきたような気がするので、時期的に悪いとは思ったが鉢植えにした。
パキラ植替え後

 パンヤ科パキラ属で5枚の葉が対になっていて根元の部分の茎が膨らむのが特徴。挿し木で簡単に増やせるが、挿し木のものは根元が膨らみにくいらしい。
 一般的に楽しまれているのは幼木で、大人になると10mぐらいになるらしい。日本ではあまり花が咲いたとか実がなったと言う話を聞かないが、自生地では実を炒ってナッツのように食べるらしい。
 
  良く三つ編み状態にしたパキラが売られているが、日本ではありえないけど、その木を10メーターの親木の状態に育てるとどうなるのか興味大。見て見たいけど、写真でもいいからどっかに無いかなぁ~。


パキラの根

 大きさの割りに根が貧弱だが、多分ハイドロカルチャーで育てたからだろう。(一説によると茎の部分に養分がたまるので元々根の張りは良く無いらしいが)
 この根の割りに水の減りは早かったが。

ハイドロカルチャー。
 ハイドロボールなど、多孔質な石状の物を土の代わりに用いた水耕栽培。
 専門の容器だと、水のたまる部分から植物を植える部分を取り外すことが出来て、水を定期的に捨てる事により、根から出た不純物を外に排出する事が出来るようになっているものがある。

 土を使わないのでテーブルや室内に衛生的に綺麗に飾る事が出来る。
 私はコップなどに色付きのネオコールやレインボーサンドなどを用いて綺麗に楽しむのが好み。
レインボーサンド

ネオコール仕立て

 この様に、透明なコップなどを用いて楽しむ事も出来るが、水を外に捨てることが出来ないので、いくら根からの排出物を吸着する性質の物を用いたり、イオン交換樹脂を使ったところで半年から長くもっても1年ぐらい楽しむのがよい所で、比較的早く汚れてしまうので、こまめに植え換えしなくてはならない。
 また、強い光に当てるとすぐにコケが生えてしまったりする。透明容器を間違っても夏場直射日光に当たる場所に置かないように。鉢植えと違って一気に中の水がお湯になって根が煮えてしまいます。
 中が見えないハイドロカルチャーの物もあるけど、私的には中が見えないのだったら土に植えたいところかな。
スポンサーサイト


  1. 2008/02/15(金) 21:46:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://plantmemo.blog94.fc2.com/tb.php/165-fe8555e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。