FC2ブログ

植物メモ帳ブログ
ハオルチアをメインとした多肉植物の素人奮闘   尚コメントは(アダルトサイト等の書き込みを防ぐため)承認後に表示されますが、お気軽にどうぞ ^-^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

耐寒試験の成れの果て

 最近ブログペットにブログの書き込み負けそうな仮名です。こんばんは。
 負けじと2日連続の投稿 ^-^

 今日の写真はあまり公開したくない、渦千鳥耐寒試験の成れの果て。
 この冬、いくつかのハオルチアで耐寒試験を行ったが真っ先に音を上げたのがこの渦千鳥。
 去年3月の入手時は下の写真のようだったのだが、
渦千鳥



 去年の12月だか今年の1月だかの寒かった一日で、見事に寒さにやられてしまい、あわてて中にしまったものの上の写真に写っているメインの中心部分が寒さに負けて、その下に隠れていた子供がまるで守られたかのように生き残り、その後復活・成長を続けて不覚にもこのような徒長しまくりの不恰好な姿になってしまった。
渦千鳥



 秋に胴切りして仕立て直す事にしよう。10個ぐらいできそうな予感。
 しっかり仕立て直せば斑回りのよいしっかりした渦千鳥もいくつかできそう。
渦千鳥

渦千鳥

 なんか胴切りして親を枯らしてしまったのと同じような結果になってしまったような・・・



 話は変わり今日の千葉は見事な真夏日。
 このような日は久しぶりに徹底的に事務所のガラスを磨こう。
 まず雑巾とマジックリンを薄めたものでガラスを拭き、さらに、水拭きをする。
 この時点で約30分経過。なにやら風上のほうに黒い雲が発生し始めているが気にしない。
 中途半端に綺麗になって、逆に拭き跡が目立ちいっそう汚く感じられる窓ガラス。
 ここで登場するのが新兵器の99円ショップで調達してきた、「超極細繊維 キュキュッっとクロス 洗剤いらず」なるもの
 手に取るとなんとなく細かい繊維が肌に引っかかって、かさかさに肌荒れした手で布切れを持つような不思議な手触りがなんとも言えず不快。
 ミクロの繊維が汚れをかき取るといううたい文句のとおり、まるでガラスの上にゴムを滑らせているように抵抗が大きくて結構拭くのに力がいるが、面白いように浮き上がった汚れが落ちて綺麗になっていく。
 いやー、今までに無いぐらいガラス綺麗になったわー。
 と感動していると、ピカッ・ゴロゴロゴロ・ドッカーン。見事に綺麗なになったガラスから見える雷雨は迫力満点。
 晴天に雷雨を呼び込むほど私のガラス掃除はレアケースらしい。
 情け容赦なくガラスに吹き付ける雷雨・・・うーん・・・明日もう一回窓ガラス掃除だな
スポンサーサイト


  1. 2008/07/13(日) 00:03:30|
  2. ハオルチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://plantmemo.blog94.fc2.com/tb.php/199-e13d4e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。